異例のローテ(20180527)穴なのか本命なのか

2018 5月 26 今週のWIN5 , 異例のローテ(20180527)穴なのか本命なのか はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

ついにダービーがやってきました。5/27は当初雨予報でしたが、なんとか持ちこたえてくれそうです。

皐月賞をパスした2歳王者や毎日杯の覇者が、ダービーに直接やってくるのは異例のローテとも言えそうな

のですが、人気になっている状況です。本命として考えてよいのか、穴狙いなのかは別にしても、年初とは

異なる人気順をどのように考えるのか、レース前まで迷ってしまいそうですね。

 

それでは、5/27の前日オッズを確認しておきましょう。

(オッズは変動しますので、購入前にご確認願います。)

即PAT・A-PAT: 14:05

JRAダイレクト : 14:00

東京と京都の2開催なので、締め切り時間がかなり早めになっていますからご注意願います。

圧倒的な人気になっているのは、京都の2レースになります。どちらも日本に帰ってきている坂井騎手の

騎乗なのですが、土曜競馬のメインレースでもしっかり勝ちきっているだけに、少し過剰人気になっている

面があるのかもしれませんね。ただ、安土城Sは、モズアスコットが用意されていますから、かなり力の入った

状況になっているのは間違いありません。

東京もむらさき賞以外は、少し抜けているとも言えそうです。ダービーは皐月賞をパスしてきた2歳王者を

どこまで信頼するかになってきそうですね。ただ、同じパスにしても毎日杯からの直接参戦は、アンカツさん

と挑んだヒストリカル以来なのでしょうか。新しいローテとして確率されるのか、興味深いのですが、結果を

見てからでも良い気がしています。一般的なダービーローテではないだけに。

 

それでは、昨年同時期のWIN5結果をチェックしておきましょう。

昨年は、それほど大荒れの無い一日となりました。京都10レースで中位人気がきたくらいでしょうか。

一般的にダービー馬は、その後のレースで大活躍する名馬は、3冠馬になるくらいでしか誕生して

こない、不思議なレース。レイデオロに関しても、その後に大活躍している状況ではありませんから。

そうなると、2歳王者で圧倒していたダノンプレミアムか、このレースのみで話題となるとしたら、まだ

ダービーを勝っていない蛯名騎手、福永騎手、そして初G1を果たした乗り替わりの藤岡騎手から、

乗り替わりで参戦する浜中騎手は抑えておきたい。