キセキの激走は?牝馬の争いはいつまで(20210627)

2021 6月 26 今週のWIN5 キセキの激走は?牝馬の争いはいつまで(20210627) はコメントを受け付けていません このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

ついに春のグランプリレース、宝塚記念がやってきました。雨の影響が大きいとは思うのですが、1番人気が必ず勝つレースではありませんよね。ただ、最近は春のG1にすべて出走してくるメンバーは少なくなりましたから、このレースに標準を合わせてくる近年は、より凡走する確率は低くなってきた感じがします。そして、一気にトップの座に躍り出てくる機会となるレースでもあり、このレースを区切りに、今年の主役の座を射止めるのはやはり牝馬なのか、牡馬の激走を期待したくなってきそう。

それでは、6/20の前日オッズをご紹介しましょう。
(オッズは変動しますので、購入前にご確認願います。)
即PAT・A-PAT: 14:40
JRAダイレクト : 14:45

圧倒的な人気になっているレースは、函館の大沼ステークス。前走は強いレースでしたから、ここも期待はできそうですが、アルドーレは横山典騎手が騎乗しに来るようですね。あまり後ろからでは届かないだけに、どのようなレースをしてくるのか楽しみです。その他は、比較的拮抗している状態と言ってもよさそう。特に東京開催は非常に難しい状況です。デムーロ騎手はこちらに来ているんですね。宝塚記念で見たかったのですが。

それでは、昨年同時期のWIN5結果をチェックしておきましょう。

昨年は大荒れはありませんでした。宝塚記念のクロノジェネシスは、恐ろしいほどの強さを見せた一戦でした。このレースを見れば、海外でも勝ってくれると思っていたのですが、ちょっと前走は残念でした。とは言え、このレースとの相性は抜群ですから、負けるとすれば怪物かもしれないレイパパレか、一気にブレイクしてくる可能性を見せたユニコーンライオン。できれば、昨年で引退かと思われたキセキの激走を見てみたいですね。それほど雨が降るとは思えないので、比較的速いタイム決着に対応するためには、しっかりゲートを出てきてほしい。