第152回(14.2.23)WIN5結果は馬主も騎手も初G1?

2014 2月 23 WIN5結果 , , , 第152回(14.2.23)WIN5結果は馬主も騎手も初G1? はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

久々にWIN5競馬が開催され、ドキドキした最終レースのフェブラリーステークスは、

最下位人気のコバノリッキーが突っ込んでくる衝撃のレースになりました。田辺騎手は

G1初ゲットだったんですね。昨年末から今年にかけて、かなり結果を残してきていたの

ですが、ここで来るとはびっくりしました。前が遅くて予想外の展開だった感じですね。

攻略者は、37人、払戻しは約1271万円。

140223-r1

 

WIN1(第1レース) 橿原ステークス

3番人気ハーロンベイが勝ち切りました。

140223-win1

 

WIN2(第2レース)アメジストステークス

1番人気ミエノワンダーが勝ち切りましたね。

140223-win2

 

WIN3(第3レース))第48回 小倉大賞典(GIII)

1番人気ラストインパクトが向こう正面から早めに動き、そのまま押し切る強い競馬でした。

140223-win3

 

WIN4(第4レース)洛陽ステークス

2番人気ノーブルジュエリーが内から差し切りましたね。後方から一気の差し切りでした。

140223-win4

 

WIN5(第5レース)第31回 フェブラリーステークス(GI)

16番人気コバノリッキーが番手から、抜け出しそのまま突き抜けました。

ペルシャザールは後方過ぎましたかね、ホッコータルマエは勝てそうで勝てない、不思議な中央G1。

ドバイでは結果を残してきて欲しい。

140223-win5

 

 

WIN5競馬攻略ブログ