シンザン記念の攻略はクラシック登竜門?

2012 1月 06 今週のWIN5 , , , シンザン記念の攻略はクラシック登竜門? はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

1月8日は、シンザン記念。昨年の2着はオルフェーヴル、3着はマルセリーナ。そして1着はレッドデイヴィス。

骨折故障しなければ、レッドデイヴィスがどのような一年を過ごしていたか、想像しただけでもすごいですよね。

今年のメンバーにも、後のクラシックを制するメンバーがいるかも知れませんね。牡馬、牝馬混合なのがまたすごい。

そこで今回は、人気になりそうなメンバーの前走をチェックしてみましょう。

 

まずは、なんといっても朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)からのメンバー。

トウケイヘイロー、マコトリヴァーサル、ヒシワイルド。GⅠからと考えると、実力派上位。

 

 

未勝利勝ちからの出走だが、迫力を感じさせる勝ち方をしたジェンティルドンナ。

スタートも速いが、抑えてもそれほど掛からず、ゴール前は突き抜ける強さは圧巻でしたね。

牝馬ですが、馬体も大きく、牡馬に入っても見劣りしないところも魅力です。

 

 

次はオリービン、500万下を勝ち上がって来ましたが、確かな末脚はこの舞台では魅力ですね。

 

 

つわぶき賞で強さを見せつけた、2連勝のシゲルアセロラ。圧倒的なスピードは、能力上位かも知れません。

 

 

クリスマスローズステークスを快勝したのは、2連勝中のレオンビスティー。レース間隔が詰まっていますが、レース内容は、

どこからでも抜けだしてきそうな、精神的な強さを見せつけましたね。

 

 

1戦1勝馬ながら、レースぶりから大器を予感させる、サンシャイン。人気が集まりそうです。

 

 

WIN5競馬攻略ブログ

«  シンザン記念の攻略はクラシック登竜門?  »