WIN5攻略の出目を京都牝馬ステークスに特化して検証

2012 1月 25 重賞の出目攻略 , , WIN5攻略の出目を京都牝馬ステークスに特化して検証 はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

今週(1/29)のWIN5競馬の重賞の一つ、京都牝馬ステークスを、ここ10年のデータに特化して出目を検証します。

今週の攻略に役立てましょう。

 

まず、京都牝馬ステークスの最近10年の優勝馬一覧表をご紹介します。

馬番 馬名 馬年齢 人気 騎手
2011 5 ショウリュウムーン 牝4 5 浜中俊
2010 8 ヒカルアマランサス 牝4 1 デムーロ
2009 6 チェレブリタ 牝4 6 武豊
2008 3 アドマイヤキッス 牝5 2 安藤勝己
2007 4 ディアデラノビア 牝5 1 岩田康誠
2006 12 マイネサマンサ 牝6 4 岩田康誠
2005 6 アズマサンダース 牝4 4 藤岡
2004 6 チアズメッセージ 牝4 8 本田
2003 12 ハッピーパス 牝5 2 ペリエ
2002 4 ビハインドザマスク 牝6 4 福永祐一

 

馬年齢的には、4歳が強いですね。5歳も検討していますが、どちらかと言うと4歳でしょうか?

 

それでは、いつもどおりに馬番と人気の出目をチェックしてみましょう。

まずは、馬番の出目です。

横軸が、馬番。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

馬番では6が多いようですが、どちらかと言うと、少し中央から内側が多めのようですね。

ただし、12番もでているので、外側が来ていないわけではないのですが、大外は厳しい感じです。

 

次に、人気の出目を同じ様に見てみます。

同様に、横軸が、馬番。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

1,2番人気が来ている割合が低く、4番人気までで70%に到達するレベルの信頼度になっています。

ただし、10番人気以上の大荒れは出ていないことは、アタマに入れておきたい。

 

WIN5競馬攻略ブログ