早くも主役争い?(20170121)例年より良馬場か

2018 1月 20 今週のWIN5 , 早くも主役争い?(20170121)例年より良馬場か はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

早くもG1馬の始動となる1/21のアメリカジョッキークラブカップ。年によっては不良馬場での開催

が懸念される時期なのですが、今年はつかの間の晴れ間が続き、良馬場開催になりそうです。

強い世代と言われる4歳馬の中でもトップクラスの登場とともに、復活を期すゴールドアクターが、

各々タッグとなる鞍上が乗り替わり、どのような競馬をみせてくれるのか、非常に興味深い。

 

それでは、1/21の前日オッズをご紹介しておきましょう。

(オッズは変動しますので、購入前にご確認願います。)

即PAT・A-PAT: 14:55

JRAダイレクト : 14:50

圧倒的な人気になっているのは、中山10レースと、中京11レース。他のレースも比較的人気が

抜けていると言っても良いかもしれません。ただ、東海Sのテイエムジンソクは別にして、他のレース

はそこまでの実績もないだけに、当日は全く異なる状況になる可能性も高いので、注意したい。

 

そういえば、最近の福永騎手は、完全にミルコ騎手やルメール騎手に騎乗馬をさらわれている

感じがしますね。もう少し踏ん張って重賞レースに出てきてもらいたい気がします。

 

それでは、昨年同時期のWIN5結果をチェックしておきましょう。

昨年は、中位人気が突っ込んでくるレースが多く、かなり荒れた一日になりました。

今年は、馬場状態が良いので、ここまでの大荒れは難しいかもしれません。とは言え、ダートは

面白いレースが土曜競馬でも多かったですから、少し幅広くチェックしておきたくなりそう。

アメリカジョッキークラブカップ期待は、やはりダンビュライトでしょうか。順当ならミッキースワロー

で決まるレースが予想されるのですが、昨年の皐月賞も勝ちに行っていれば、もしかしたら

勝てていた可能性のあるレース。アルアインに圧勝したミッキースワローですが、そこまでの

差はないと想定したい。