牝馬最強時代はルメールに(20181216)

2018 12月 15 今週のWIN5, 管理人の日記 牝馬最強時代はルメールに(20181216) はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

寒い日が続きますが、ついに朝日杯フューチュリティステークスがやってきます。まさに時代は牝馬最強と言えるようになるのか、注目を集める一戦になりそうなのですが、どうしてもルメール騎手に集まってしまうのは残念な気もします。

以前なら、日本人騎手の世代交代の一役を担っていた最強馬の登場だったのですが、その役割もなくなってしまったのかもしれませんね。かなり残念な気がしてきそう。

それでは、12/16前日オッズをご紹介しましょう。
(オッズは変動しますので、購入前にご確認願います。)
即PAT・A-PAT: 14:40
JRAダイレクト : 14:45

 

圧倒的な人気になっているのは、阪神10、11レースになります。どちらもルメール騎手です。最近は少し勝利率が下がっている状況ですが、この日曜競馬で一気に盛り返してくる可能性が高そうです。年間勝利数も更新するのは時間の問題になってきそうなのですが、来週に向けて王手となりそうな雰囲気。

中山11レースは面白いメンバーが揃いました。ハートレーには次に向けたレースを見せてほしいところなのですが、なかなか勝ち切るのは厳しいのかもしれません。ただ、故障しないで来年につなげるレースを期待したい。

 

それでは、昨年同時期のWIN5結果をチェックしておきましょう。

上位人気で決着した一日でした。馬場がそれほど悪くはないので、極端な大荒れになる可能性は低いのかもしれませんが、前残りには注意しておく必要があります。比較的ルメール騎手は前目につけるパターンが多いだけに、馬場を考えてしっかり抜け出してくる可能性は高いかもしれませんが、朝日杯フューチュリティステークスでの牡馬の力を信じたくなってきそう。