4歳馬でも芝で新たな強さが必要か?(20210718)

2021 7月 17 今週のWIN5 4歳馬でも芝で新たな強さが必要か?(20210718) はコメントを受け付けていません このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

なんと函館記念にフェブラリーステークスの勝ち馬、カフェファラオが参戦してきますね。まだ4歳馬ですし、いろいろな可能性も存在していると思うのですが、砂でG1を勝った年に、別路線に挑戦してくるのは、ちょっと記憶にないのですが、ルメール騎手の提言なのでしょうか?もしかしたら、砂ではこれ以上の見込みがないのだろうかと、思ってしまうのですが、そうではないことを祈りたい。

それでは、7/18の前日オッズをご紹介しましょう。
(オッズは変動しますので、購入前にご確認願います。)
即PAT・A-PAT: 14:50
JRAダイレクト : 14:55

圧倒的な人気になっているレースはありません。どのレースも拮抗していますが、ここまで差のないオッズが並ぶのも珍しいかもしれません。函館記念はカフェファラオが1番人気ですね。前走を圧勝して挑むマイネルウィルトスが圧勝するようだと、ほんとに凱旋門賞に挑戦してくれるのかもしれません。相手関係もそれほど厳しくないだけに、楽しみな一戦です。

それでは、昨年同時期のWIN5結果をチェックしておきましょう。

昨年は、難しい一戦でしたね。函館記念に中京記念と、重賞レースがことごとく下位人気が突っ込んできました。2頭とももに、今年も参戦してきます。メイケイダイハードの昨年は、前走を砂で気分転換をさせて挑んだ一戦で、工夫を凝らした成果と言えなくもない状況でした。今年は前走をそれなりに走っているだけに、そこまでの工夫はなさそうです。小倉開催の中京記念ですから、小倉で好走しているポッケリーニ辺りを中心に考えたいところですが、連勝街道できているロータスランドに注目したいですね。期待したい。