WIN5攻略(番外編)の出目をチューリップ賞に特化して検証

2012 2月 28 重賞の出目攻略 , , , , WIN5攻略(番外編)の出目をチューリップ賞に特化して検証 はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

3/3(土)は、桜花賞の前哨戦、チューリップ賞ですね。WIN5競馬ではありあませんが、前年の阪神JFの覇者が出走してくるので

今年の牝馬クラシックの主役として順調に進むのか、それとも、あっというスターホースが現れるのか、楽しみな一戦です。

特に今年は、馬主が同じにも関わらず、シンザン記念を13年ぶりに牝馬として制した、ジェンティルドンナが参戦。

とても面白いレースになりましたので、ぜひ、競馬としても攻略したいですね。それでは、攻略の出目を検証してみましょう。

 

それでは、いつも通りに、ここ10年間の優勝馬の一覧表です。

どの馬も、その後のレースで活躍した馬ばかりで、見所の多いレースですね。

脚質的には、先行するタイプはあまり多くないような形に見えます。

 

それでは、いつもどおりに馬番と人気の出目をチェックしてみましょう。

まずは、馬番の出目です。

横軸が、馬番。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

馬番的には、思ったより内枠からは来ていませんね。先行馬が少ないからかも知れません。

 

次に、人気の出目を見てみます。

同様に、横軸が、人気。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

1番人気は、40%の信頼性と高い傾向ですね。下位人気はほとんど1着に来ていない点も要注意。

また、複勝率は、1番人気が80%と高確率なだけに、普通であれば外せません。が、今年は実力のある2頭が出走して

くるだけに、どちらかが飛ぶ危険性もありますから、攻略のためには、当日の枠順と調教の状態をチェックしたい。

 

WIN5競馬攻略ブログ