WIN5攻略の出目をスプリングステークスに特化して検証

2012 3月 14 重賞の出目攻略 , , , , WIN5攻略の出目をスプリングステークスに特化して検証 はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

3/18(日)は、WIN5競馬の重賞で、3歳牡馬クラッシク皐月賞トライアルの一つ、スプリングSがありますね。

皐月賞より200m短い距離ですが、昨年はオルフェーヴルがこのレースを制しているように、本番に直結しています。

今年はすごいメンバーが揃っただけに、攻略は慎重に進めたいところです。

 

それでは、過去10年間の攻略の出目を検証してみましょう。

逃げ馬、好位、後方からと、そろぞれの馬の脚質を活かしているレースのようです。

今年の中山競馬場は、馬場が悪いだけに、後ろから来れるのかは、少し疑問を感じてしまいますがどうでしょうか。

 

それでは、いつもどおりに馬番と人気の出目をチェックしてみましょう。

まずは、馬番の出目です。

横軸が、馬番。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

内枠から外枠まで、幅広く分布しています。中央辺りがいないのは面白い感じですね。

後方からも来ているので、逃げ馬でない場合は、あまり枠順に囚われる必要はなさそうです。

 

次に、人気の出目を見てみます。

同様に、横軸が、人気。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

1番人気は、高確率で40%と信頼性は高いようです。7番人気以降の大穴も無いので、皐月賞に向けて、

きっちりと仕上げてきている本命馬が、多いということでしょう。

特に1番人気の3着内率は、80%と圧倒的な信頼性を誇っているだけに、3連複で勝負する方にとっては攻略して欲しい

データでもあります。

 

WIN5競馬攻略ブログ