WIN5攻略の出目を阪神大賞典に特化して検証

2012 3月 15 重賞の出目攻略 , , , , WIN5攻略の出目を阪神大賞典に特化して検証 はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

3/18(日)は、ついに春の天皇賞を目前とさせる、WIN5競馬の重賞の一つ阪神大賞典ですね。

昨年の3冠馬オルフェーヴルの始動戦に、昨年の春の天皇賞馬ヒルノダムールがわざとぶつけてきました。

他にも、昨年の覇者など、豪華なメンバーが揃っているだけに、攻略は慎重に進めたいですね。

 

それでは、過去10年間の攻略の出目を検証してみましょう。

ここ数年は、1番人気が来ていない不思議なレースになっています。ディープインパクト以来、高年齢の馬が好走している

レースになっています。

 

それでは、いつもどおりに馬番と人気の出目をチェックしてみましょう。

まずは、馬番の出目です。

横軸が、馬番。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

不思議なくらいに、バラバラに分布しているレースです。これは、なかなか無い形ですね。

 

次に、人気の出目を見てみます。

同様に、横軸が、人気。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

先程、最近は1番人気が来ていないと申し上げましたが、10年間で見ると、1番人気は40%と高確率。

4番人気で80%を占めているため、極端な下位人気が突っ込むとういことはなさそうです。

特に、3着内率で見ると、1番人気は90%の確率を誇っているので、攻略するには重要なデータになりそうです。

 

WIN5競馬攻略ブログ