今年は3歳牡馬主力組の始動が早い?(20210214)

2021 2月 13 今週のWIN5 今年は3歳牡馬主力組の始動が早い?(20210214) はコメントを受け付けていません このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

クラシックへの道が非常に険しくなってきましたね。例年なら昨年の2歳G1の上位組は、もう少し暖かくなってからの始動が通常だと思うのですが、今年は早々に本命ラインが登場してきます。それだけ、皐月賞に直結するレースとして、共同通信杯が位置づけられてきたということなのでしょう。間隔的にも有利になってくるとは思うのですが、距離適性を図る上でも、ちょうどよい距離になってくるのかもしれませんね。

それでは、2/14の前日オッズをご紹介しましょう。
(オッズは変動しますので、購入前にご確認願います。)
即PAT・A-PAT: 14:50
JRAダイレクト : 14:55

圧倒的な人気になっているレースは、小倉11レースのスギノヴォルケーノです。前走が強かっただけに、ここも期待したくなります。番手辺りから抜け出すレースを見せてほしい。その他のレースは、拮抗してはいるようです。京都記念は抜けた存在がいないだけに、押し出される形でラヴズオンリーユーが人気になっている状態ですね。もどかしいレースが続いているだけに、あまり後ろ過ぎない位置からのレースを期待したい。

それでは、昨年同時期のWIN5結果をチェックしておきましょう。

昨年は上位人気で決着した一日でした。クロノジェネシスは、一気に爆発した一年になりましたね。今年は、共同通信杯に、昨年の朝日杯では、一番強く感じられたステラヴェローチェが登場してくるだけに、見逃せない一戦になります。しかも、まだ力関係がわからない話題のシャフリヤールにレフトゥバーズ、そして連勝中で横山親子対決となる、エフフォーリア。個人的には朝日杯でも本命だったステラヴェローチェに、圧勝してほしいところですが、ここを使う必要があったのか、気になるところです。それだけ、体調が良いと判断したい。