WIN5攻略の出目を京成杯に特化して検証

2012 1月 10 重賞の出目攻略 , , WIN5攻略の出目を京成杯に特化して検証 はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

今週(1/15)のWIN5競馬に開催される重賞の一つ、京成杯を近10年のデータに特化して出目を検証してみたいと思います。

WIN5競馬攻略の一つとして、チェックしましょう。

 

まずは、ここ10年間の優勝馬の一覧表です。

馬番 馬名 人気 騎手
2011 2 フェイトフルウォー 2 田中勝春
2010 13 エイシンフラッシュ 1 横山典弘
2009 6 アーリーロブスト 2 福永祐一
2008 11 マイネルチャールズ 1 松岡正海
2007 10 サンツェッペリン 3 松岡正海
2006 5 ジャリスコライト 1 北村友一
2005 9 アドマイヤジャパン 1 横山典弘
2004 9 フォーカルポイント 2 横山典弘
2003 1 スズカドリーム 4 蛯名正義
2002 3 ヤマニンセラフィム 2 蛯名正義

2010年には、エイシンフラッシュが優勝していることが分かりますね。

ここには出ていませんが、その前年の2009年には、ナカヤマフェスタが2着に食い込んでいますから、京成杯の重要度が

増してきていることが分かります。

 

それでは、まずは馬番の出目に注目して攻略できるか、チェックしてみましょう。

横軸が、馬番。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

10年間のデータですが、馬番にコレと言った出目は存在していないみたいです。

 

では、次に人気の出目をチェックしてみましょう。

横軸が、人気。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

1,2番人気が各々4回づつきており、2番人気までで80%と高確率で1着に来ていることが分かります。

しかも、4番人気までで決まっており、大荒れの展開にはなっていないようです。

この結果から、馬番の出目ではなく、人気馬が入る馬番で決まっている傾向となっているようです。

 

2012年の京成杯がどのような展開になるか、攻略が楽しみですね。

 

WIN5競馬攻略ブログ