第95回(13.1.20)WIN5競馬の結果、後味悪いダノンバラード

2013 1月 20 WIN5結果 , , , 第95回(13.1.20)WIN5競馬の結果、後味悪いダノンバラード はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

第95回(1/20)のWIN5競馬は、攻略者34人、払い戻しは約千7百万円。

WIN1から荒れて来ましたから、厳しいWIN5になりましたね。それにしても、アメリカJCCは、久々に好レース

をしたダノンバラードでしたが、斜行がひどすぎ、後味の悪いレースになってしまいました。審議も関係者が申し

出てから対象になったようですから、余程のことがない限り、降着などになることは無さそうですね。

ベリー騎手は、1月26日(土)から2月10日(日)まで騎乗停止ですが、所詮期間限定の騎手ですからね、

調教師、馬主にとっては、痛くも痒くもないでしょう。それにしても、トランスワープが抜けないとどうして判断でき

るのか、詳細な判定基準を出して欲しい所。

130120r1

 

WIN1(第1レース)若潮賞

ケイアイエレガントが先行し、粘りきりましたね。ハンデ戦らしいレースでした。

130120win1

 

WIN2(第2レース)石清水ステークス

マックスドリームは、終始抑えきれないような行きっぷりでした。この後が楽しみです。

130120win2

 

WIN3(第3レース)第30回 東海テレビ杯東海ステークス(GII)

圧倒的な末脚でした、グレープブランデーとルメール騎手。

130120win3

 

WIN4(第4レース)第54回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)

ダノンバラードの末脚は素晴らしかったのですが、トランスワープもそのまま走っていれば、勝てなかったかは

微妙に思えましたが、どのような数値解析で判断したのか、示して欲しいですね。

でないと、馬券代がかかってますから、ますますファンを失ってしまいそうだ。

130120win4

 

WIN5(第5レース)羅生門ステークス

トラバントが、内で粘りきりました。小牧騎手の好騎乗でしたね。

130120win5

 

WIN5競馬攻略ブログ

 

«  第95回(13.1.20)WIN5競馬の結果、後味悪いダノンバラード  »