歴史を変える?(20160501)強いのは1着馬より

2016 4月 30 今週のWIN5 , , 歴史を変える?(20160501)強いのは1着馬より はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

強いと言われる今年の4歳馬。タレント揃いなのは天皇賞春に出走するメンバーを見ても

一目瞭然なのですが、その前に立ちはだかるのが一世代前のメンバー。しかも菊花賞の

1から3着馬が勢揃いしているのですから、そんな世代は珍しいのではないでしょうか?

しかも、菊花賞馬より2,3着だった馬が立場を逆転させて出走してくるのも非常に珍しい。

もしかしたら歴史を変える一戦になるのかもしれませんね。

 

それでは、5/1開催のWIN5前日オッズをチェックしておきましょう。

即PAT・A-PAT: 14:45

JRAダイレクト : 14:40

160501-w

圧倒的な1番人気になっているのは、京都10レース。3歳馬のダート1400mなのですが、

面白いメンバーがそろっています。ここまで圧倒的かは微妙ですが、まだ3歳ですからスタート

次第で結果が変わってきてしまいそうな一戦になりそう。

2倍は切っていませんが、スイートピーSも抜けた人気になっています。

京都、東京、新潟もそうですが、土曜競馬はかなり荒れていましたから、できれば当日の馬体重

はチェックしておきたいところですが、天皇賞春は調教後馬体重が発表されています。

160501-y

人気馬はそれほど大きな変動はないようです。なぜかここにやってきたトーセンレーヴ。作年末に

相性が良かったボウマンと来るのかと思ったら、違う騎手でびっくりしてしまいました。8歳馬の参戦が

非常に多くなっているのですが、もしかしたらどれかが3着くらいに突っ込んでくるのかもしれませんね。

 

それでは、作年同時期のWIN5結果を載せておきましょう。

150503-r

作年は、前半の2レースが少し荒れた一日になりました。先週も同じ傾向だったのですが、最近の

JRAは、作年と2レースを違う組み合わせにしているだけに、逆のパターンも有り得そうな感じです。

 

問題は新潟と天皇賞でしょうか。

ただ、これまで菊花賞馬が活躍しても、2着馬が大きな活躍をしてきた記憶が、私にはありません。

サウンズオブアースは当然として、気になるのが2000mまでのレース選択をする決断をした

リアルスティールが2着だった菊花賞の勝ち馬キタサンブラック。なぜか長距離に適した馬が突っ込んで

くる天皇賞春なのですが、そう考えると馬券的にはトーホージャッカルの復活を期待したくなってしまう

のは私だけでしょうか。