切れ味勝負に休み明けで間に合う?(20201004)

2020 10月 03 今週のWIN5 切れ味勝負に休み明けで間に合う?(20201004) はコメントを受け付けていません このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

ついに秋のG1戦線が開幕します。土曜競馬の中山は、特に午前のレースは大荒れでした。馬場的には逃げ馬には厳しい状態に入ってきたと言えるのかもしれません。春のG1馬グランアレグリアの鞍上がルメール騎手になったことにはびっくりしましたが、元に戻ったということなのかもしれませんね。ただ、アーモンドアイもいる中、別にしてほしかったと思うのは私だけでしょうか?

それでは、10/4の前日オッズをご紹介しましょう。
(オッズは変動しますので、購入前にご確認願います。)
即PAT・A-PAT: 14:15
JRAダイレクト : 14:20

中京の10レースは、かなり抜けています。ハギノアレグリアスは連勝できていますし、中京で勝っているだけに、安心感はありそう。ただ、かなりレース間隔は詰まってきているだけに、そろそろ勝って休養に入っても良いタイミングに感じてしまいそう。それ以外は拮抗していると言えそうです。スプリンターズステークスは、ダノンスマッシュは3番人気なんですね。なかなかG1で勝てないことが要因なのでしょうか?

それでは、昨年同時期のWIN5結果をチェックしておきましょう。

昨年は、中山10レースで少し荒れましたが、それ以外は上位人気で決着した一日でした。スプリンターズステークスは、4角でスピードアップする必要があるため、休み明けより一戦していた方が確実という感じがするのですが、グランアレグリアにとっては、牝馬なだけに、休み明けの方が良いのかもしれませんね。ただ、スプリントレースなだけに、夏を過ごしてきたメンバーは押さえておきたい。逃げ馬がそのまま勝ち残れる可能性は低いだけに、好位から抜け出しを図るダノンスマッシュや、前走は回ってきただけの、ダイアトニックに期待したくなってきますね。