WIN5攻略の出目を高松宮記念に特化して検証

2012 3月 22 重賞の出目攻略 , , , , WIN5攻略の出目を高松宮記念に特化して検証 はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

3/25(日)は、ついに春のGI戦線の幕開け、WIN5競馬のスプリンター決定戦、高松宮記念ですね。

オーシャンSを勝ったばかりのワンカラットが引退繁殖入りしてしまい、少し残念ですが、カレンチャンからロードカナロアなど、

話題の多い馬が多く、更には新しい中京競馬場での戦いとなり、荒れる危険性が高いですね。攻略は慎重にしたい。

 

新しい競馬場のため、過去の傾向とマッチしないと思われますが、念のため過去10年間の攻略の出目を検証してみましょう。

脚質としては、おまり最後方からの差し切りは難しいようですね。今年の中京競馬場は直線長く、坂もあるだけに、

もしかしたら後ろから突っ込んでくる可能性はありますが、ここ最近の中京レースで最後方からの攻略は厳しそうですね。

 

それでは、いつもどおりに馬番と人気の出目をチェックしてみましょう。

まずは、馬番の出目です。

横軸が、馬番。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

枠順は、内から大外まで幅広く分布しています。どちらかと言うと、少し内枠傾向なのかも知れません。

 

次に、人気の出目を見てみます。

同様に、横軸が、人気。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

1着は、4番人気までで100%と、上位人気の確率は高い傾向にあります。

3,4番人気の方が、確率が高いのは不思議ですが、それほど上位の差が少ないということでしょう。

3着内率も、1~4番人気は50~60%ありますが、この4頭で決まったレースは10年で2回だけですね。

下位人気が2,3着にくる可能性がありますから、攻略は幅広くチェックしておきたいところです。

 

WIN5競馬攻略ブログ