WIN5攻略の出目を武蔵野Sに特化して検証

2012 11月 06 重賞の出目攻略 , , , WIN5攻略の出目を武蔵野Sに特化して検証 はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

11/11は、ジャパンカップダートの前哨戦となる、武蔵野ステークスがWIN5競馬の一つとして、

東京競馬場で行われます。フルゲート16頭に対して、37頭の登録と多いですね。

本命サイドの決着は少ないレースの一つ、休みあけの馬も多いですから、攻略は慎重に行いたい。

 

それではいつも通りに、ここ10年間の優勝馬の一覧表です。

3歳から5歳までで決まっていますが、思った以上に3歳馬の活躍が目立ちますね。

今年は、3歳馬が活躍できるのかも見所の一つですね、世代交代が今年のテーマにもなっています。

先週のみやこステークスに続いて、若い馬が切符をつかむのかも注目したい。

 

それでは、いつもどおりに馬番と人気の出目をチェックしてみましょう。

まずは、馬番の出目です。

横軸が、馬番。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

内から外まで幅広く分布しているのですが、内、外分かれている感じの結果になっています。

後方から差し切るタイプは非常に少なく、先行から好位を進むメンバーに攻略馬が多いようです。

この日曜日は、雨になるかも知れませんが、良馬場で行われて欲しいですね。

 

次に、人気の出目を見てみます。

同様に、横軸が、人気。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

1着にくる確率は、3番人気で30%と、かなり低い状況です。ただ、6番人気で90%ありますから、

極端な下位人気から突っ込んでくるというレースでも無さそうです。

3着内率は、1番人気でも50%と、軸にするには少し心もとないところですね。

 

WIN5競馬攻略ブログ