12/1土曜重賞の出目を金鯱賞に特化して検証

2012 11月 27 重賞の出目攻略 , , , 12/1土曜重賞の出目を金鯱賞に特化して検証 はコメントを受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

12/1の土曜重賞の一つ、金鯱賞は有馬記念へ繋がるレースに今年から変わりました。

ちょっと、レース間隔から厳しいところではありますが、勝って向かいたいメンバーもいる

かも知れませんね。今年の金鯱賞は、乗り替わりが激しくなり難しいレースの一つ。

無事にレースが終わってくれることを、祈るしかありませんね。

土曜重賞ですからWIN5競馬ではありませんが、攻略できるように振り返ってみましょう。

 

それではいつも通りに、ここ10年間の優勝馬の一覧表です。

今までと日程が異なり、夏の開催になっていただけに、メンバーはイメージと異なるかも

しれませんが、G1が集まる豪華な優勝馬ばかりです。

時期的に、3歳馬の挑戦は無理なので、今年の3歳馬が初の優勝馬になる可能性もあります。

 

それでは、いつもどおりに馬番と人気の出目をチェックしてみましょう。

まずは、馬番の出目です。

横軸が、馬番。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

内枠ではなく、中央付近から外枠に攻略馬が多いようです。

4角では後方から来ている馬はいないのですが、今年は開幕週ですし、雨になる可能性もあり

できれば好位までにいた方が良さそうなイメージもあります。

 

次に、人気の出目を見てみます。

同様に、横軸が、人気。

縦軸の左は1着回数、右が1着の割合になります。

1着に来る確率は、1番人気は60%と圧倒的な信頼性があります。3番人気で90%ですし、

4番人気までで決まっていますから、あまり大荒れになる可能性は低いのかも知れません。

ただ、今年は予定外の乗り替わりもありますから、少し注意しておきたい。

 

WIN5競馬攻略ブログ